株式会社築地活字

古き伝統、活版印刷の歴史

15世紀、グーテンベルグが発明した活版印刷術は、19世紀ごろ日本に移入しました。
活版印刷とは、鉛を溶かして型を取る鋳造(ちゅうぞう)を経て作られた「活字」を組版(紙面を構成すること)し、「活字」の盛り上がった部分にインクを付けて紙に押し付け印字する手法のことです。これにより大量複製ができるようになり、一般の人々にも多くの情報が届くようになりました。
実は横浜はとても活版印刷に大きな関わりがあります。活字鋳造・組版の技術が横浜に普及された後、横浜が日本で初めて日本語の活版印刷の新聞「横浜毎日新聞」を発行しました。その後、横浜の印刷技術は和洋両文で全国一を誇るほどになりました。
印刷物のほとんどは現在、扱いやすいデジタルデータで組版されており、活版印刷を使う場面は激減しています。それに伴い、全国でも活字を扱う印刷所や、活字を鋳造する会社は数えるほどしか残っていません。約100年の間、活版印刷を支え続けてきた築地活字はその中の一社です。

株式会社築地活字 株式会社築地活字 株式会社築地活字 株式会社築地活字